3次元設計の実現

3次元設計の実現

 3次元CADを導入されている企業は、ここ数年で急速に増加しています。しかし、実際に3次元設計に移行できている企業は、その内の一部に過ぎないのが現状です。 ADSでは、これまで実施してきた数々のプロジェクトから得た経験を基に、3次元設計環境への業務移行実現をお手伝いいたします。

3次元設計への業務移行に必要事項

・3次元設計スキル
単に3次元CADの機能を知っているだけでは3次元設計は行なえません。自社製品に適した3次元設計手法を考え、設計意図をどのように3次元モデルに組み込むかを考える必要があります。
・運用ルール
すばらしい3次元モデルを作成できたとしても、運用ルールがなければ、会社の業務で活用することはできません。しかし、運用ルールがあまりにも厳しいと、設計の 自由度が狭くなり、よりよい設計が行なえなくなります。
3次元設計を行なうために最低限必要なルールを定め、3D設計を行なう上での迷いをなくすことが必要です。
・システム環境
運用ルールと対になるのがシステム環境です。特にデータ管理の環境は、チーム設計を行なう中では必須となります。数々のPDMシステムの導入を経験した技術者が、システムの早期立ち上げを実現します。
・ライブラリデータ
2次元設計から3次元設計の移行で問題となるのが、ライブラリデータです。弊社では、専門のスタッフがライブラリの運用方法やデータの作成をお手伝いします。

ピックアップ記事

  1. ACE2017JAPANアイキャッチ
    9月7日(木)~8日(金)の2日間、ANAインターコンチネンタルホテル東京で開催致しましたACE 2...
  2. ACE2017JAPANアイキャッチ
    ACE(Aras Community Event)とは、Aras Innovatorを利用しているユ...
  3. 『インターネット・Wi-Fi設備に関するお知らせ』というチラシのポスティングや電話による勧誘が、同名...